寝る子のヌシのお泊り帳

旅好きヌシの宿泊(IHG系多し)乗り物&猫暮らし

【宿泊記】インターコンチネンタル東京ベイ InterContinental Tokyo Bay / 『クラブフロア』にアップグレードしていただけました

「クラブ スーペリ アツイン」

東京都港区海岸1丁目にあります。住所だけ聞いてもピンときませんが、伊豆七島への船が発着する竹芝桟橋に面しているといえば分かる方も多いのではないでしょうか。

ホテルの開業は1995年9月1日。もうそんなに昔のことになるのですね(遠い目)。

開業当初は港の倉庫街が再開発されて見違えったようになり、竹芝も変わったなぁと驚いたものです。

ホテルの運営は開業時は西友の子会社のホスピタリティ・ネットワークでしたが、現在はツカダ・グローバルホールディングの子会社となり、株式会社ベストホスピタリティネットワーク(本社:東京都港区)が運営しています。

ちなみにツカダグループのホテル事業は、品川の「インターコンチネンタルストリングス東京」「キンプトン新宿東京」、そしてIHG以外に名古屋で2つのホテルを運営しています。どのホテルも若いスタッフが多い印象ですが、ブライダル事業を手掛ける企業の特徴でしょうか。

 

午後4時過ぎにチェックイン。誰も客はおらず待つことなく手続きが出来ました。

以前に泊まった時と比べてロビーが小ぢんまりとした印象を抱きました。どうやら広々としたパブリックスペースを新しいラウンジに改装したようでした。

チェックインを済ませて客室へ向かいます。

さて、今回は最安の部屋を予約していましたが、「スパイア特典」でアップグレードしていただけました。「クラブフロア」の客室です。

とは言ってもクラブラウンジのアクセス権はありません。部屋の家具や、高層階になったぐらいの違いです。むしろリニューアル時期の新しいエグゼクティブフロアの方が、部屋がキレイなのでは?と思うのですけど致し方なし…。

エレベーター内のボタンはクラブフロアやエグゼクティブフロアなどの表示が多くて、一瞬戸惑います。

f:id:mappeke:20211104225715j:plain

客室階のエレベーターホールです。

本日の部屋はクラブインターコンチネンタルフロアの23階です。

クラブフロアは2013年に全面改装が行われているとのことです。

f:id:mappeke:20211104225723j:plain

フロア図(避難経路図)

回遊式の廊下になっています。

東京湾側の部屋がやたらと広いのはスイートでしょうか?泊まるのは叶わぬ夢でしょうが、せめて見学してみたいものです。

f:id:mappeke:20211104225120j:plain

扉まわり 

主電源はカードキーをスロットに差し込むタイプです。

清掃札は昔ながらにドアノブにぶら下げるタイプです。

f:id:mappeke:20211104225101j:plain
f:id:mappeke:20211104225139j:plain

部屋を入ると横にクローゼットがあります。エアコンの操作パネルはシンプルです。

f:id:mappeke:20211104225446j:plain
f:id:mappeke:20211104225523j:plain

クローゼット

バスローブ、折りたたみパイプ式の安っぽいバゲージラック、傘や洋服ブラシ

f:id:mappeke:20211104225614j:plain
f:id:mappeke:20211104225533j:plain

予備の枕。 ハンガーは黒色で統一。

f:id:mappeke:20211104225926j:plain
f:id:mappeke:20211104225513j:plain

使い捨てスリッパですが、ビジネスホテルのモノよりは厚みがあります。 

体重計。こういうのって毎回消毒しているのですかね?前の利用者の水虫菌でも伝染ったら嫌なので使わないようにしています。

f:id:mappeke:20211104225437j:plain
f:id:mappeke:20211104225605j:plain

ナイトウェアは随分と可愛らしい柄をしています。 セーフティボックス。

f:id:mappeke:20211104225553j:plain
f:id:mappeke:20211104225455j:plain

クラブインターコンチネンタルフロア スーペリア ツイン 

フロアによって部屋の設備や内装が違います。部屋面積は35〜41㎡。

f:id:mappeke:20211104225053j:plain

ベッド

サイズは122cm✕203cm。

f:id:mappeke:20211104225110j:plain

大きな枕とクッション。数を減らしてくれているので就寝時に片付ける手間が省けて助かります。 

ベッドや寝具ははシーリー社と昭和西川との共同開発とのことです。ヘブンリーベッドみたいなものでしょうか?

f:id:mappeke:20211104225130j:plain
f:id:mappeke:20211104230013j:plain

サイドテーブルのトップは大理石調。そして深い引き出しも備わっています。

枕元にこれだけ大容量の引き出しは何に使えば便利なのだろう?替えのオムツとか?

f:id:mappeke:20211104225225j:plain
f:id:mappeke:20211104225207j:plain

サイドテーブルにはスピーカーも。これに限った話ではありませんが、商品のサイクルが早い製品に併せたホテル備品を取り入れると、いづれ使いにくいモノになってしまいます。

f:id:mappeke:20211104225350j:plain

フットベンチの上にはランドリーバッグ。

f:id:mappeke:20211104225158j:plain

机まわり

シンプルな形状の白色デスクは清潔感があります。

f:id:mappeke:20211104225216j:plain

椅子の背もたれも厚みがあって座り心地は良いです。これなら長時間机に向かって作業をしていても苦になりません。

f:id:mappeke:20211104225149j:plain

机の右横には小さな台があり、扉を上に開くとその中にコンセントなどが収納されていました。

f:id:mappeke:20211104225625j:plain
f:id:mappeke:20211104225417j:plain

机の左横にはバゲージラックがあります。大切なスーツケースを傷つけないように柔らかなクッションが張られていました。

バゲージラックの引き出し内にはホテルの名前が入った紙袋。紙質もよくしっかりとしていて重量物でも耐えられそうです。

f:id:mappeke:20211104225252j:plain
f:id:mappeke:20211104225314j:plain

テレビはシャープ製。

f:id:mappeke:20211104225301j:plain

リモコンとDVDデッキ。

f:id:mappeke:20211104225243j:plain
f:id:mappeke:20211104225333j:plain

机の上にはミネラルウォーターとエスプレッソマシン。

f:id:mappeke:20211104225323j:plain
f:id:mappeke:20211104225234j:plain

引き出し内にネスプレッソのカプセルが4種類。

紅茶は国内のインターコンチネンタルではお馴染みのTWGです。

f:id:mappeke:20211104225541j:plain
f:id:mappeke:20211104225634j:plain

アイスペールと電気ポット。

f:id:mappeke:20211104225504j:plain
f:id:mappeke:20211104225341j:plain

冷蔵庫の中はミニバー。でも少なめなので持ち込み品を冷やせるスペースは確保されています。尚、冷蔵庫内にあるネスプレッソのカプセルは有料です。

f:id:mappeke:20211104225400j:plain
f:id:mappeke:20211104225408j:plain

ミニバーのプライスリストです。ネスプレッソのカプセルって1個400円もするの?

ちなみにネスプレッソはクラブインターコンチネンタルフロアとエグゼクティブフロアのみに設置されています。

f:id:mappeke:20211104230003j:plain

窓辺には立派なソファが鎮座しています。

両サイドの肘掛けの出っ張りが無駄に大きく、ゴージャス感を醸し出しています。

f:id:mappeke:20211104225428j:plain

眺望

リバービューの部屋です。ベイビューの方が価格設定は高くなっていますが、個人的には夜景もキレイでスカイツリーも望めるリバービューの方が好みではあります。

f:id:mappeke:20211104225759j:plain
f:id:mappeke:20211104225706j:plain

夜になると眼下の竹芝桟橋には東海汽船の船が出航の準備で忙しそうでした。

日中は水中翼船が行き来しています。

f:id:mappeke:20211104225733j:plain

水回り

広々とした水回りです。

f:id:mappeke:20211104225914j:plain

バスタブは足を伸ばせるサイズは確保されています。

f:id:mappeke:20211104225742j:plain

それにしても複雑な形状のバスタブです。カランは壁面にあります。

また2ハンドル式なので温度調節が少々面倒ではあります。 

f:id:mappeke:20211104225847j:plain
f:id:mappeke:20211104225751j:plain

バスタブの隣に洗面台があります。

洗面台の鏡はバスタブの鏡とつながっているので、水回りが広く感じられます。

f:id:mappeke:20211104225856j:plain

楕円形のシンクです。水栓機器に曇りや汚れはなくキレイに磨かれていました。

f:id:mappeke:20211104225810j:plain

アメニティはお馴染みのアグラリアです。

f:id:mappeke:20211104225827j:plain

歯ブラシや髭剃りなどのアメニティは一通りそろっています。

f:id:mappeke:20211104225644j:plain

袋に入ったドライヤーはパナソニック製。

f:id:mappeke:20211104230032j:plain
f:id:mappeke:20211104230022j:plain

洗面台の隣がシャワーブースになっています。ハンドシャワーとレインシャワー。

f:id:mappeke:20211104225837j:plain

シャンプーはMIKIMOTOのボトル詰替式も用意されています。 

タオルはホテルのロゴが刺繍されていました。それにしてもホテルのタオルってどうしてこんなにフカフカなのだろう。

f:id:mappeke:20211104225945j:plain
f:id:mappeke:20211104225655j:plain

シャワーブースの隣にお手洗い。ウォシュレット操作部はリモコンタイプです。

f:id:mappeke:20211104225936j:plain
f:id:mappeke:20211104225904j:plain