寝る子のヌシのお泊り帳

旅好きヌシの宿泊(IHG系多し)乗り物&猫暮らし

【乗船記】阪九フェリー「いずみ」デラックス和洋室 / 泉大津→新門司 

「デラックス和洋室」

注)この乗船記はコロナ禍以前のものです。

九州ツーリングの往路に、阪九フェリー「いずみ」に乗船しました。関西〜九州航路は大阪南港発着が多いですが、出航時刻の時間帯は阪神高速の渋滞に巻き込まれることもあり、不便に感じていたことが度々ありました。

その点、阪九フェリー泉大津か神戸六甲アイランドなので、アクセス面において気持ちにゆとりが生まれます。それは即ち安全運転にもつながります。

泉大津フェリーターミナルで乗船手続きを済ませます。待合室はガランとしていました。鉄道駅からのアクセスは大阪南港ほど便利ではないので徒歩利用客は少なそうです。

f:id:mappeke:20210928191736j:plain
f:id:mappeke:20210928191745j:plain

泉大津航路には「いずみ」と「ひびき」が就航していますが、本日は「いずみ」でした。

「いずみ」総トン数16040トン、全長195m、全幅29,6m、航海速力23,5ノット。

旅客定員625名、積載トラック277台、乗用車188台。

泉大津を17時30分に出港して、新門司には翌朝6時に到着予定です。

f:id:mappeke:20210928191728j:plain
f:id:mappeke:20210928194037j:plain

車両甲板です。

オートバイは6台、荷物がほとんどなくツーリングでは無さそうな人もいました。

f:id:mappeke:20210928192300j:plain

 

今回利用したデラックス和洋室は6階に位置しています。

下図の黄色で表示されている場所です。

引用  客室のご紹介 | 船舶・船室紹介 | 阪九フェリー

f:id:mappeke:20210928192343p:plain

車両甲板から5階へと上がり、案内所で部屋の鍵を受け取って6階へ。

カーペット敷きの廊下の壁面にあるのはWi-Fi機器でしょうか?

f:id:mappeke:20210928192025j:plain
f:id:mappeke:20210928192107j:plain


デラックス和洋室の扉まわり。入口を入ってすぐの所にエアコンの操作パネルが設置されています。ホテルで見かけるものと全く同じです。

f:id:mappeke:20210928191944j:plain

阪九フェリーのロゴ入りカードキーは記念に持ち帰ることも出来ます。 

靴を玄関で脱いで室内に入るタイプです。

f:id:mappeke:20210928192041j:plain
f:id:mappeke:20210928192001j:plain

デラックス和洋室

3人部屋と4人部屋がありますが、こちらは3人部屋。部屋面積は13,5㎡。

f:id:mappeke:20210928191755j:plain

別角度(窓側)から見た部屋の様子。

便利な和洋室はベッドサイドまでカーペットの面積を増やし、

f:id:mappeke:20210928191828j:plain

ベッド幅は90cm×200cmと、通常のシングルベッドに比べると幅が狭いです。

f:id:mappeke:20210928192009j:plain

両ベッドの間にサイドテーブルが設置されています。コンセントもあります。

f:id:mappeke:20210928192017j:plain

窓辺の様子。和洋室と言えば、昔はこのあたりにだけカーペットが敷かれていることが多かったです。

f:id:mappeke:20210928191845j:plain

窓外の眺望 窓ガラスは潮で汚れて見づらいようなこともなく、良好な視界が確保されていました。

f:id:mappeke:20210928191853j:plain

窓辺には簡易マットにもなるソファー型マットが備わっています。

f:id:mappeke:20210928191812j:plain

部屋の隅には棚が設置されています。

f:id:mappeke:20210928191820j:plain

テレビ 瀬戸内海航路なので航海中も地上波を視聴可能でした。

f:id:mappeke:20210928191919j:plain

電気ポット スティックタイプのお茶と湯呑

f:id:mappeke:20210928192032j:plain
f:id:mappeke:20210928191927j:plain

ナイトウェアは浴衣 使い捨てスリッパ アメニティのタオルは旅館にあるような薄っぺらいものですが、阪九フェリーの文字が印刷されています。

f:id:mappeke:20210928191902j:plain

入口近くにある洗面台。部屋にお手洗いはありませんが、洗面台があるだけで利便性は随分と高まります。

f:id:mappeke:20210928191804j:plain

洗面台 丸いシンクにシングルレバーの混合栓、まるでホテルみたいです。

f:id:mappeke:20210928191838j:plain

アメニティもビジネスホテルにあるものと大差ありません。

f:id:mappeke:20210928192124j:plain

気がつけば泉大津港を出港していました。大きな船は気づかぬうちに動いていることが往々にしてあります。

f:id:mappeke:20210928191911j:plain

ちょっと船内を散策します。初めて乗る船の楽しみのひとつです。

こちらのエレベーターは、車両甲板との行き来以外に使うことはありませんでしたが、お年を召された方には無くてはならない設備です。

f:id:mappeke:20210928192158j:plain

5階から7階の吹き抜け。

f:id:mappeke:20210928192242j:plain

甲板に出ると日も沈んでいました。 

ファンネルも煤汚れなど見当たらないほど綺麗です。

f:id:mappeke:20210928191952j:plain
f:id:mappeke:20210928192116j:plain

明石海峡大橋をくぐります。瀬戸内海航路は本四架橋が見ものですが、ここ以外は就寝している時間帯なので、今まで船上から見た覚えはありません。

f:id:mappeke:20210928192215j:plain

6階にあるレストランです。平日だったこともあり観光客の姿はまばらで、プロドライバーが多く利用している印象でした。

f:id:mappeke:20210928192251j:plain

7階にある展望大浴場です。露天風呂もあります。でも当方は風呂嫌いなので利用していません。

f:id:mappeke:20210928192309j:plain

とにかくパブリックスペースが充実した船です。12時間程度の乗船時間では堪能できないほどです。

f:id:mappeke:20210928192149j:plain

翌朝、目覚めてハンディナビで現在地を確認。周防灘を航行中でした。

f:id:mappeke:20210928192141j:plain
f:id:mappeke:20210928192223j:plain

並走する大型客船の姿が。こんなクルーズ客船も瀬戸内海を航行しているのですね。

f:id:mappeke:20210928192231j:plain

夜が白み始めた頃、新門司に入港です。

朝の通勤ラッシュが始まる前に北九州市街地を抜けることが出来ました。

f:id:mappeke:20210928192132j:plain