寝る子のヌシのお泊り帳

旅好きヌシの宿泊(IHG系多し)乗り物&猫暮らし

【宿泊記】ザ ロイヤルパーク キャンバス 大阪北浜 The Royal Park Canvas Osaka Kitahama

「スーペリアダブル」

大阪市中央区北浜にある「ザ ロイヤルパーク キャンバス 大阪北浜」に宿泊しました。運営は三菱地所グループの株式会社ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ(本社:東京都千代田区)です。

 2019年6月7日に開業した新しいホテルで、ミレニアル世代をターゲットとしたCANVASブランドとのことです。確かに宿泊客はくたびれた中高年の出張族(己を含む)よりも若い会社員が多かったです。

1階のエントランスは青色の照明でいささか怪しげです。個人的にこの手の色は、ちょっとイケナイ場所のような雰囲気、またはヤン車のネオン管ってイメージがあって苦手なんですよね。

f:id:mappeke:20210130142013j:plain

 

2階にフロントやラウンジがあります。しつこいですが”ミレニアル世代”向けということでフロントも若いスタッフが多かったです。

ラウンジはスクリーンや音響設備を配したCANVASラウンジ」と呼ばれ、朝食の他に宿泊客と地域の人々が集うイベントを定期的に開催し地元企業・地域団体とのコラボレーション企画も積極的に実施する場所にもなるそうです。
また、宿泊客が自由にラウンジを利用するきっかけとして、客が自身でセレクトしたコーヒー豆をブレンディング、ハンドドリップできるCANVASコーヒー」も用意されています。宿泊客以外の利用は有料です。しかしこのご時世だけに、利用する気にはなれませんでした。

f:id:mappeke:20210130143117j:plain

 

扉まわり

カードキーをスロットに差し込んで電源ON

f:id:mappeke:20210130142026j:plain

 

フロア図(避難経路図)

これを見ると”ヌシ”(管理人)が泊まった北向きの部屋は台形をしています

f:id:mappeke:20210130142040j:plain

 

入口から客室方向を見た様子です 壁紙の色と建具の色合いが似ているので目に優しい感じがします

f:id:mappeke:20210130142116j:plain

 

クローゼット

オープンタイプ、というか壁に引っ掛けるタイプのクローゼットです。

使い捨てスリッパはロイヤルパークの文字がプリントされた共通モノ。

バゲージラックは温もり感じる木製。

f:id:mappeke:20210130142351j:plain
f:id:mappeke:20210130142103j:plain
f:id:mappeke:20210130142406j:plain
水回り

お手洗い

部屋に入って右手にある引き戸が水回りへの入口です 戸を開けると右手にお手洗い

f:id:mappeke:20210130142133j:plain

 

洗面台

入って正面にあるのが洗面台です 鏡が天井まであるので空間に広がりが生まれます

f:id:mappeke:20210130142145j:plain

シンクは角型でシングルレバー混合栓なので温度調整は容易です 

タオルはホテルのロゴが入ったものです

アメニティはフロント階から各自が必要なものを持っていく方式です。この方法はホテル側からすると、無駄も少ないし、清掃時の手間も省けて良いのでしょうが、チェックインの時って両手が荷物でふさがっていることが多いから不便なのですよね。

f:id:mappeke:20210130142212j:plain
f:id:mappeke:20210130142159j:plain

 

バスルーム

水回りに入って左手には独立タイプのバスルームがあります 個人的にバスルームのタイル柄が気に入りました

f:id:mappeke:20210130142225j:plain

レインシャワーもあってシティホテル並みの設備です

f:id:mappeke:20210130142255j:plain
f:id:mappeke:20210130142318j:plain

バスタブ  ホテルオリジナルのデザインボトルのシャンプー類

f:id:mappeke:20210130142238j:plain
f:id:mappeke:20210130142307j:plain

 

スーペリアダブル 

客室面積は22,6㎡ 洒落た部屋だと思ったらホテルの特徴に 「“街と、もてなす。”を表現した外観・内装デザイン、フォトジェニックな“ゲストルーム”」と記されていました。

f:id:mappeke:20210130142607j:plain

別角度から

f:id:mappeke:20210130142555j:plain
f:id:mappeke:20210130142637j:plain

ベッド

f:id:mappeke:20210130142434j:plain

クッションが攻めているなあと思ったら、描かれているライオンはホテルのテラスから望む難波橋(通称:ライオン橋)にちなんで取り入れているようです。

f:id:mappeke:20210130142501j:plain
f:id:mappeke:20210130142419j:plain

ナイトウェアはご丁寧にビニール袋に包まれていました  

枕元の加湿器はナノケアという製品らしく女性客にウケが良いそうです

f:id:mappeke:20210130142447j:plain
f:id:mappeke:20210130142528j:plain

 

サイドテーブル

スイッチパネルの他、にACならびにUSB電源が備わっています

f:id:mappeke:20210130142622j:plain
f:id:mappeke:20210130142543j:plain

 

机まわり

嬉しいですね、ワーキングデスクがあります。最近開業したホテルは机をないがしろにしているインテリアが時折見受けられますが、ここはビジネスマンのことを考えた仕様でした。広々とした机があると無いとでは作業環境が断然違ってきます

f:id:mappeke:20210130142718j:plain

 

椅子も座面に厚みがあり座りやすいです。

また机上には余計な物を置いていないので片付けも不要。ここはオシャレであっても、ビジネスホテルの本質を忘れてはいません。

f:id:mappeke:20210130142759j:plain
f:id:mappeke:20210130142731j:plain

 

机の左側引き出し下部にセーフティボックス、上部にティーセット

f:id:mappeke:20210130142828j:plain
f:id:mappeke:20210130142813j:plain

 

冷蔵庫は扉部にポケットがないシンプルで使いやすいタイプ。

f:id:mappeke:20210130142745j:plain

 

ソファとラウンジテーブルまであるので部屋でくつろぐことも可能です

f:id:mappeke:20210130142705j:plain

 

テレビはChromecast対応

f:id:mappeke:20210130142848j:plain
f:id:mappeke:20210130143000j:plain

そして最新ホテルではもはや常識となったリアルタイムにコインランドリーの状況が分かる機能が付いています。他にはホテルグッズの案内ページも。

f:id:mappeke:20210130142948j:plain
f:id:mappeke:20210130142936j:plain

窓はロールカーテンで遮光するタイプです。

f:id:mappeke:20210130142912j:plain
f:id:mappeke:20210130142859j:plain

エアコンはダイキン

f:id:mappeke:20210130143025j:plain

大きな加湿空気清浄機ではなく加湿器に絞った点が目新しいです。Panasonic製のこちらの製品はスチームも出るので女性客にも喜ばれそう。

f:id:mappeke:20210130143039j:plain
f:id:mappeke:20210130143013j:plain

 

眺望

窓外は大通りに面していない向きだったので”オフィスビル”ビューです

f:id:mappeke:20210130142924j:plain
f:id:mappeke:20210130143052j:plain

 

手頃な値段の割にはとても快適なホテルでした。2度目の緊急事態宣言で一時休館していますが、通常に戻ったらこちらのホテルは間違いなく大人気となるでしょう。

なんといっても大阪メトロ堺筋線京阪電車「北浜」駅の3号出口に隣接し、堺筋線北浜駅のホームまで1分とかからない利便性が良かったです。

f:id:mappeke:20210130143104j:plain

 

 

管理人の”ヌシ”が泊まって良かったと思った大阪のビジネスホテル

 

mappeke.hatenablog.com

mappeke.hatenablog.com

mappeke.hatenablog.com