寝る子のヌシのお泊り帳

旅好きヌシの宿泊(IHG系多し)乗り物&猫暮らし

【宿泊記】ホテルグレイスリー大阪なんば Hotel Gracery Osaka Namba

大阪市波速区元町にある「ホテルグレイスリー大阪なんば」に宿泊しました。

グレイスリーブランドとしては大阪初です。運営は藤田観光株式会社のWHG事業グループ。ホテルの開業は2019年7月1日、地下鉄四つ橋線なんば駅からですと僅か徒歩1分と便利な立地です。

通りの反対側にはブティックホテルなども建ち並んでいます。そんな場所柄なのか宿泊客はかなりの割合でカップルが多かったです。幸いにもというか残念ながら(?)隣室にそうした客はいなかったので静かな夜を過ごせました。

 フロントは2階にあります。エレベーターの扉がフロントの階だけ逆側が開くタイプです。エレベーターに乗って両方に扉があることに気づけば察することは出来ますが、ボケーッとしていると反対側が開いて慌てて回れ右をする羽目になり、滑稽な姿をフロント若しくは2階でエレベーター待ちをしている他のお客さんに目撃されることになります。

幸いにも醜態をさらすことなくチェックインが済みました。カップルが乗ったエレベーターを1台やりすごして客室へと向かいます。

扉まわり

正面の白い扉が客室入口、左手の2つの木製扉がお手洗いとバスルームへの入口。

f:id:mappeke:20210130190418j:plain

フロア図(避難経路図)

単純明快なレイアウトは緊急時に助かります。

f:id:mappeke:20210130190429j:plain

電源はスロットにカードキーを差し込んだらONになるタイプ。

クローゼットはオープンタイプというかフックに引っ掛けるのみ。

f:id:mappeke:20210130190442j:plain
f:id:mappeke:20210130190509j:plain

シューシャイン、洋服ブラシ、靴べら。

そしてスリッパは使い捨てと通常タイプの2種類があります。いつも思うのですがこの手の使い回しスリッパはかかと下の幅が狭くて安定感が無く、履くと足元グラつく感じがするのは私だけの悩みでしょうか?

f:id:mappeke:20210130190456j:plain
f:id:mappeke:20210130190521j:plain

入口から部屋を見た様子。そして三菱電機製エアコンの操作部。

f:id:mappeke:20210130190531j:plain
f:id:mappeke:20210130190547j:plain

ツインルーム

部屋面積は23㎡。

f:id:mappeke:20210130190601j:plain

別角度から。

f:id:mappeke:20210130190630j:plain
f:id:mappeke:20210130190615j:plain

ベッド

サイズは幅110cmの標準的なシングルサイズ。

f:id:mappeke:20210130190642j:plain

枕は一種類のみ、枕元のコントロールパネルにはUSBコンセントもあります。

f:id:mappeke:20210130190840j:plain
f:id:mappeke:20210130190907j:plain

ワーキングデスクは無くてソファと丸テーブルのみです。

最近はこうしたタイプの部屋が増えつつあるので、書類を広げてパソコンを開く者にとっては正直不便ではあります。

f:id:mappeke:20210130190655j:plain

テレビと電話やティッシュ

f:id:mappeke:20210130190707j:plain
f:id:mappeke:20210130190719j:plain

冷蔵庫内にはミネラルウォーターが入っていました。このように予め冷えていると手間が省けてありがたいです。冷蔵庫の下には引き出し式のセーフティボックス。

f:id:mappeke:20210130190732j:plain
f:id:mappeke:20210130190745j:plain

上段にはティーセット、下段には安っぽい加湿器とアイロン。

f:id:mappeke:20210130190802j:plain
f:id:mappeke:20210130190828j:plain

引き出し内にはランドリーバッグとスマホ充電用のアダプター類。

冷蔵庫がある棚の天板上にコンセントがあります。

f:id:mappeke:20210130190816j:plain
f:id:mappeke:20210130190853j:plain

ナノイー発生機も最近のホテルに増えてきた設備です。

しかしパイロットランプの青色が、気になる人にとっては少々目障りかもしれません。

f:id:mappeke:20210130190953j:plain
f:id:mappeke:20210130191010j:plain

お手洗いは独立タイプです。

ウオシュレットの操作部スイッチはしっかりと押し込み”カチッ”となるまで動作しないタイプ。これも最近よく見かけるようになりました。

f:id:mappeke:20210130190922j:plain
f:id:mappeke:20210130190936j:plain
水回り

ユニットバスの狭苦しさとは無縁の水回り環境です。

f:id:mappeke:20210130191024j:plain

シンク、タオルはWHGホテルで共通のもの。

f:id:mappeke:20210130191035j:plain
f:id:mappeke:20210130191049j:plain

タオル類とナイトウェア

f:id:mappeke:20210130191049j:plain
f:id:mappeke:20210130191105j:plain

アメニティとドライヤー

f:id:mappeke:20210130191118j:plain
f:id:mappeke:20210130191130j:plain

洗い場付きのバスルームです。ブルーの壁面が鮮やかですね。

f:id:mappeke:20210130191142j:plain

石鹸類はペリカン石鹸製のホテルアメニティ「アロマライズ」。

f:id:mappeke:20210130191155j:plain

シャワー

f:id:mappeke:20210130191218j:plain

やはり洗い場のあるバスルームは便利です

f:id:mappeke:20210130191207j:plain