寝る子のヌシのお泊り帳

旅好きヌシの宿泊(IHG系多し)乗り物&猫暮らし

【宿泊記】ANAインターコンチネンタル別府リゾート&スパ InterContinental - ANA Beppu Resort & Spa

「プレミアム キング」

日本有数の温泉地である別府に、今までにないラグジュアリーリゾートとして2019年8月1日にオープンしました。ホテルの説明によると開放的な客室は全89室。息を呑む絶景が広がるインフィニティプール、スパ、露天風呂や温泉施設、3つの会議室・宴会場、クラブインターコンチネンタルを備え、モダンかつ日本ならではの美しいデザインを取り入れたレストランとバーでは、季節の食材とシェフの独創的なアイディアが詰まった洗練された料理が、特別なひとときを演出するとのこと。

運営はGHS株式会社。大阪と千歳のクラウンプラザ、箱根のINDIGOも運営しています。

ホテルが建つ場所は元々は大分に本社を置いたオーリッドというデータ入力サービス事業を行っていた企業の研究所がありました。Googleストリートビューを見ると現時点(2021年1月)でもその当時の研究所の建物が写っています。

ロビーは大きな窓が別府湾に向かって広がりさながら展望台のようでした。チェックインはリゾートホテルらしくウェルカムドリンクをいただきながらのものでスタッフは総じて若い方が多く笑顔が眩しい。このホテルに入って一番目を引いたのが館内各所にある調度品です。どれもアート作品のような手の込んだ品々が多く、まるで美術館にいるかのような非日常感を演出しています。

f:id:mappeke:20210104012121j:plain
f:id:mappeke:20210104012143j:plain

特に関心したのが、こちらの木の枝を並べてから、スパッ!と切り落としたかのようなテーブルです。隙間に入ったゴミはどうやって取り除くのか?と疑問に思いました。

このテーブル近くでは指輪やイヤリングの取り扱いは要注意です。

f:id:mappeke:20210104012133j:plain

チェックインを済ませて客室へ。

全89室しかないのでエレベーター待ちは滞在中一度もありませんでした。

f:id:mappeke:20210104013132j:plain

客室の入口を室内側から見た様子。

f:id:mappeke:20210104012156j:plain

部屋の様子です。68㎡のコンテンポラリーデザインの客室。

f:id:mappeke:20210104012631j:plain

シモンズ製ベッドのサイズは幅194cm×長さ203cm。

f:id:mappeke:20210104012659j:plain

サイドボード

f:id:mappeke:20210104012843j:plain

照明の他カーテンの開閉スイッチなども備わっています

f:id:mappeke:20210104012856j:plain

ソファとテーブル。パソコン作業はしづらい。

…というかここまで来てパソコンなんかと向き合っていてはいけませんね。

f:id:mappeke:20210104012646j:plain

ベッドの足元にはラウンジチェア。

f:id:mappeke:20210104012910j:plain

テレビ

f:id:mappeke:20210104012923j:plain

コンセントはUSBの他に、ユニバーサルタイプも備わっています。

f:id:mappeke:20210104012828j:plain

バーカウンター

f:id:mappeke:20210104012715j:plain

コーヒーはネスプレッソ

f:id:mappeke:20210104013103j:plain

カップが洒落ています

f:id:mappeke:20210104013119j:plain

滞在中は補充されます。

f:id:mappeke:20210104013049j:plain

TWGのティーバッグ

f:id:mappeke:20210104012730j:plain

冷蔵庫はミニバーの飲み物で隙間なし

f:id:mappeke:20210104012744j:plain

ダイキン製エアコンは壁面操作式

f:id:mappeke:20210104012815j:plain

続いてはクローゼットの様子です。

f:id:mappeke:20210104012420j:plain

バスローブ以外に温泉らしく浴衣も備わっています。

f:id:mappeke:20210104012505j:plain

もちろん草履も

f:id:mappeke:20210104012519j:plain

館内の温泉に行く際の籠も用意されていました。

f:id:mappeke:20210104012435j:plain

スタッフのイチオシアイテムがこちらのドライヤーです。普段はドライヤーなど使わずに自然乾燥派ですが、せっかくなので試しに使ってみると「なるほど納得!」な品だったので、帰宅後に新宿伊勢丹で売っていたので購入しました。

f:id:mappeke:20210104013035j:plain

ハンガーも手の込んだ品です。

f:id:mappeke:20210104012603j:plain

セーフティボックス

f:id:mappeke:20210104012449j:plain

アイロン

f:id:mappeke:20210104012549j:plain

水回り

f:id:mappeke:20210104012212j:plain

ダブルシンク 

f:id:mappeke:20210104012225j:plain

石鹸やシャンプーはインターコンチネンタルではお馴染みのアグラリアです。

f:id:mappeke:20210104012253j:plain
f:id:mappeke:20210104012407j:plain

アメニティはご丁寧に箱入りです。

f:id:mappeke:20210104012351j:plain

お手洗いは独立型。

f:id:mappeke:20210104012322j:plain

シャワーブースにはレインシャワーと大きなシャワーヘッドが備わっています。

f:id:mappeke:20210104012307j:plain
f:id:mappeke:20210104013428j:plain

バスタブです。温泉も良いけど、こちらのバスタブも気持ちよさそうです。

f:id:mappeke:20210104012240j:plain

バスソルト

f:id:mappeke:20210104013442j:plain

お湯を張るとこんな感じです。

f:id:mappeke:20210104013414j:plain

部屋のテラスも広々としています。

f:id:mappeke:20210104012948j:plain

別府の街と海と山を見渡せる素晴らしい眺望です。

f:id:mappeke:20210104013017j:plain

視線を右手に移せば野焼きが行われる扇山と大分自動車道の明礬大橋

f:id:mappeke:20210104013003j:plain

部屋の窓が大きいのでテラスに出なくても眺望が効きます。

f:id:mappeke:20210104012109j:plain

日が暮れて露天風呂に行ってみました。風呂嫌いなので温泉宿に泊まっても大浴場に行かず部屋のユニットバスで済ませることが多いのですが、せっかくの新しいホテルなので試しに行ってみることに。
館内廊下の照明がいい感じです。

f:id:mappeke:20210104011857j:plain
f:id:mappeke:20210104012037j:plain

ライブラリーも落ち着けそうですが誰一人利用していませんでした。

f:id:mappeke:20210104012026j:plain
f:id:mappeke:20210104012014j:plain

ホテルのインフィニティプール。夏場は賑わうのでしょうね。

f:id:mappeke:20210104011952j:plain

温水プールですが夜間の利用は禁止です。

f:id:mappeke:20210104011908j:plain

風呂から上がり、別府の夜景を眺めながら部屋のテラスで身体を冷まします。

f:id:mappeke:20210104013345j:plain

 

 

素敵なホテルだったので再訪しました

nerukono.com