寝る子のヌシのお泊り帳

旅好きヌシの宿泊(IHG系多し)乗り物&猫暮らし

【宿泊記】ホリデイ・イン&スイーツ新大阪  Holiday Inn Hotel And Suites Shin Osaka

「スタジオ デラックス スイート ツインルーム」

新大阪にある「ホリデイ・イン&スイーツ新大阪(185室)」に宿泊しました。

開業は2020年10月1日と新しいのですが、元は「オークウッドホテル&アパートメンツ新大阪」 だったものをリブランドしたものです。オークウッドの閉館からホリデイ・イン開業までの期間がそれほど長くは無かったので、特に大掛かりなリニューアルはせずに居抜きで開業したのかなと思いました。

 

プレスリリースによると株式会社パシフィカ・キャピタル(本社:東京都港区、代表取締役社長 セス・サルキン)のグループ会社である、新大阪ホスピタリティ合同会社(本社:東京都港区、職務執行者 セス・サルキン)が、インターコンチネンタルホテルズグループ(IHG®)(本社:英国、日本:東京都港区、日本国内運営会社、IHG・ANA・ホテルズグループジャパン合同会社CEO:ハンス・ハイリガーズ)とフランチャイズ契約を締結し、2020年10月1日に「ホリデイ・イン&スイーツ新大阪」(所在地:大阪市淀川区)を開業することになったとのこと。ちなみに同ホテルは、パシフィカ・キャピタルがホテルのアセットマネジメント並びにプロジェクトマネジメントを担当し、新大阪ホスピタリティが運営を受託しているそうです。

 

ロビーまわり

1階の様子です。奥に格子状の柱が見える辺りがホテルの出入り口です。

1階は主に飲食スペースが幅を利かせています。ちなみにここで朝食をいただきましたがコロナ対策もあって現在は和洋2種類のセットメニューのみでした。1週間滞在していると流石に代わり映えしないメニューに飽きてしまい、後半は部屋でカップ麺をすすっていました。

f:id:mappeke:20210104111838j:plain

ちなみにホテルまでは新大阪駅から徒歩12分ぐらいはかかります。(計測したのは御堂筋線ホームから北改札口を抜けてホテル玄関まで)。チェックイン時に限って駅からのタクシー代1000円までをホテルが負担するサービスを行っていましたが、個人的に徒歩12分の距離をわざわざタクシーに乗るのは勿体ないと思っているので、そのサービスは使いませんでした。

 

エレベーター

部屋のカードキーをタッチしないと動かないタイプです。また客室に向かう際は必ずフロント前を通る構造となっているため、スタッフの目もあり安心感は高いと思いました。

f:id:mappeke:20210104111826j:plain

 

扉まわり

部屋の入口扉と扉廻りの様子です。主電源はカードキーをスロットに差し込んでONになるタイプ。また”掃除してください”の札をかける方法以外に、照明スイッチ部にもそのことを知らせるスイッチがありました。わざわざ外出時に”清掃札”をドアノブにかける手間が省けるので便利です。

f:id:mappeke:20210104110610j:plain
f:id:mappeke:20210104110635j:plain

 

フロア図(避難経路図)

今回泊まった部屋は719号室の「スタジオデラックススイートツイン」。おそらくこのホテルの中で最も広い部屋だと思われます。

f:id:mappeke:20210104110623j:plain

 

客室内の廊下

客室の入口から部屋の奥を見た様子です。廊下の長さがまるでマンションのようです。右手前の扉は水回りへの入口です。

f:id:mappeke:20210104110648j:plain

水回り

その水回りの扉を開けて中に入った様子です。奥の扉はトイレ。画面には写っていませんが写真の右側に風呂があります。

f:id:mappeke:20210104110659j:plain

 

洗面台

使いやすい角型のシンクです。シングルレバー混合栓なので温度調整が便利なのですが、お湯が出てくるまでに少々時間がかかっていました。

f:id:mappeke:20210104110713j:plain

 

アメニティ

ソーク製のシャンプー類。歯ブラシなどは日本国内のIHG系列でよく見るタイプのモノです。それにしても洗面所のタイルが素敵なので気になる。どこの製品だろう?

f:id:mappeke:20210104110727j:plain

コップは色違いでセットされている点は、2名宿泊時に互いにコップの誤使用を防げるので良いと思います。

f:id:mappeke:20210104110740j:plain

洗面台下の棚

f:id:mappeke:20210104110819j:plain

タオルとタニタの体重計

f:id:mappeke:20210104110844j:plain
f:id:mappeke:20210104110833j:plain

引き出しの中にはPanasonic製ドライヤー

f:id:mappeke:20210104110854j:plain

洗濯乾燥機はドイツのミーレ製です。格好いいので我が家に導入したいと思って値段を調べたら、とてもじゃない的な価格でした。そう考えるとホテル経営って費用がかかるものですね。

f:id:mappeke:20210104110807j:plain

洗剤はライオン製「トップ スーパーナノックス」。使った分はハウスキーピングの際に補充されます。

f:id:mappeke:20210104110754j:plain

洗面台にあるLEDライトが組み込まれた鏡、実はハイテク製品でしてBluetooth接続で音楽が流れます。風呂で音楽が流れるなら使いますが、長時間いるわけでもない洗面所で音楽を聞くことはあまり無さそうな気もするのですが。

f:id:mappeke:20210104110953j:plain

 

お手洗い

f:id:mappeke:20210104111005j:plain

お手洗いが個室になっているのは自宅のようで違和感もありません。ウオシュレット操作部はリモコン式です。

f:id:mappeke:20210104111018j:plain

 

浴室

水回りがそれぞれ分かれている点は長期滞在時の落ち着きにかなりの影響力があります。1泊程度なら狭苦しいユニットバスでも我慢できますが、連泊となると風呂が広いほうが断然ありがたい。

f:id:mappeke:20210104110905j:plain

バスタブは十分な大きさがあるので足も伸ばせます。

f:id:mappeke:20210104110917j:plain

シャワー

f:id:mappeke:20210104110930j:plain

なによりも洗い場があるのがウレシイです。そして清掃の方は毎日必ず排水口の髪の毛をキレイに取り除いていました。本当に大変なお仕事をありがとうございます。

f:id:mappeke:20210104110941j:plain

 

リビング・キッチンスペース

部屋は大変綺麗で長期滞在に向いたつくりです。1週間滞在しましたが居住性は申し分ありませんでした。このホテルは客室全体の68%が独立したベッドルームおよびダイニングに各種家電を常備した「スイートタイプ」であることがホテルの大きな特徴とのことです。

f:id:mappeke:20210104111031j:plain

 

キッチン側からリビングを見た様子です。「スイートタイプ」は126室あり、客室面積は30-45㎡。ソファベッドのあるリビングスペース、大型冷蔵庫や電磁調理器・電子レンジのあるキッチン、全自動洗濯乾燥機、洗い場付きの独立型バスルームなど、ゆとりのあるスタジオタイプのマンションとほぼ同じ機能を備えており、ファミリーや連泊利用には最適だと思いました。

f:id:mappeke:20210104111803j:plain

ダイニングテーブルはテレビを横目に食事が出来るように配置されています。

f:id:mappeke:20210104111043j:plain

 

ソファはローテーブルを前にして、正面からテレビを見られるように配置されていました。

f:id:mappeke:20210104111058j:plain

 

エアコン操作は壁面にあります

f:id:mappeke:20210104111815j:plain

 

キッチン

もはや一人暮らしのアパート以上の充実ぶりです。

f:id:mappeke:20210104111115j:plain

キッチン用品の中で最も多用したのがネスプレッソ。カプセルとペットボトル入りのミネラルウォーターは毎日使った分は補充されました。

f:id:mappeke:20210104111128j:plain

シンクは小さいながらも深さがあって水ハネもありませんでした。食器洗剤や新品のスポンジもセットされています。

f:id:mappeke:20210104111140j:plain

冷蔵庫は家庭にあるような冷凍庫付きのタイプです。

f:id:mappeke:20210104111242j:plain

電子レンジ。これも滞在中によく利用した家電のひとつです。

f:id:mappeke:20210104111205j:plain

以下の設備は1週間の滞在中に一度も使用することはありませんでした。IH調理器。

f:id:mappeke:20210104111152j:plain

炊飯器

f:id:mappeke:20210104111231j:plain

分別ゴミ箱 こんなに大きなゴミ箱に捨てるようなものは無く、基本的には室内の通常タイプのゴミ箱で事足りました。

f:id:mappeke:20210104111255j:plain

食器 種類も数も充実しています

f:id:mappeke:20210104111217j:plain
f:id:mappeke:20210104111321j:plain

カトラリーなど コンビニの箸で済ませてしまいます

f:id:mappeke:20210104111308j:plain
f:id:mappeke:20210104111345j:plain

調理器具 

f:id:mappeke:20210104111400j:plain
f:id:mappeke:20210104111332j:plain

換気扇も立派です

f:id:mappeke:20210104111412j:plain

 

クローゼット

アイロン台と折りたたみ式バゲージラック 

スリッパはリサイクル式で底が分厚く履き心地の良いタイプです

f:id:mappeke:20210104111423j:plain
f:id:mappeke:20210104111452j:plain

セーフティボックス アイロン

f:id:mappeke:20210104111438j:plain
f:id:mappeke:20210104111518j:plain

ハンガー

f:id:mappeke:20210104111504j:plain

 

寝室

部屋の一番奥に寝室が位置しています。f:id:mappeke:20210104111532j:plain

今回宿泊した面積の広い部屋はツインベッド仕様のみです。ダブルサイズ以上のベッドで寝たい場合は、部屋面積が狭くなります(それでも普通のビジネスホテルと比べると圧倒的に広いですが)。

f:id:mappeke:20210104111544j:plain

 

枕は2個ずつ。硬軟2種類だったかはスイマセン忘れてしまいました。

f:id:mappeke:20210104111705j:plain

 

サイドテーブル

各種照明スイッチとコンセントが設置されています。

f:id:mappeke:20210104111652j:plain

 

机周り

ワーキングデスク 三方を壁に囲まれているので没頭できそう。

f:id:mappeke:20210104111607j:plain

机周りのコンセントの位置も数もちょうど良い感じです。

f:id:mappeke:20210104111620j:plain

ワーキングチェアはシンプルでスタイリッシュなデザインでした。

f:id:mappeke:20210104111640j:plain

加湿空気清浄機

f:id:mappeke:20210104111627j:plain

寝室のテレビはベッドの足元側にあります。ベッドに横になりながらの視聴に適した位置です。

f:id:mappeke:20210104111556j:plain

寝室を窓側から見た様子

f:id:mappeke:20210104111718j:plain

縦長の部屋だというのがわかります。部屋面積45㎡はダテじゃない。ただし夜中にお手洗いに行くのが遠くて面倒です。

f:id:mappeke:20210104111728j:plain

窓はほとんど開きません。窓外は隣のマンションの外廊下が見えるのみ。

f:id:mappeke:20210104111740j:plain

値段の割には部屋の設備や面積が他のホテルよりも優れていると思いました。ただし最寄り駅からの距離があるので、疲れている時などはホテルと駅との行き来が面倒に思えてしまいます。特に朝方は新大阪駅から出てくる大勢の通勤客とすれ違うことになるので疲れます。

一方で暮らすように旅するスタイルの場合は、駅への行き来が逆に通勤通学のようにも思えて、いつもの日常と変わらないような気持ちになれる気もいたしました。

 

管理人ヌシ”が泊まって良かったと思った新大阪駅周辺のビジネスホテル

mappeke.hatenablog.com

mappeke.hatenablog.com