寝る子のヌシのお泊り帳

旅好きヌシの宿泊(IHG系多し)乗り物&猫暮らし

【宿泊記】カンデオホテルズ 大阪岸辺 Candeo Hotels Osaka Kishibe

 「クイーン」

大阪府吹田市岸辺新町にある「カンデオホテルズ大阪岸辺」に宿泊しました。

ホテルの運営は株式会社カンデオ・ホスピタリティ・マネジメント(本社:東京都港区新橋)。最近立て続けに大都市中心部に立派なホテルを開業させています。

ホテルの開業が2018年11月17日と新しいため、館内はとってもキレイでした。同じお金を払って泊まるならば、キレイなホテルに泊まったほうが、どこか得した気分になります。

ホテルがあるのは北大阪健康医療都市(健都)の再開発で誕生した岸辺駅ビル内です。2017年夏に駅ビルの核テナントとして入居することが発表された当時のプレスリリースを見ると、ホテル名は「仮称:カンデオホテルズ大阪吹田(健都)」となっていました。

JR岸辺駅とはデッキで繋がっており、東海道線を使ってあちこちに行けるので鉄道利用者にとっては大変便利です。

駅ビルである「ビエラ岸辺健都」の上層階にホテルはありますが、建物の1階部分には大きなスーパーがあったり、他にも飲食店街、そして病院も併設されているため、建物内でひと通り生活に必要な物は事足ります。ただし飲食店街は食指をそそられる店は少なかったです。”健都”の名称が付いた施設だけに減塩メニューなどのヘルシーさをウリにした店もありましたが、どこか病院食のように思えて、金を払ってまで食べる気にはなりませんでした。

こちらのホテルチェーンは大阪岸辺店に限らず、ホテルのウリとしてスカイスパを完備しています(一部の店舗には無い。)ここ岸辺店にも最上階には内風呂と露天風呂が備わっています。

ただし当方は風呂嫌いのため利用はしていませんが、同行者に話を聞くとビジネスホテルとは思えぬほど立派なものだったとのことでした。

そう言えば先日、松山大街道の店舗を手始めに、試験的にスカイスパを宿泊客以外にも開放すると発表がありました。一仕事を終えて、一日の疲れを癒やすために、最も落ち着きのある空間でくつろぎたいバスタイムですが、そのことで混み合うようなことがあれば、このホテルを選ぶ価値が下がってしまう気がしないでもないのですが…。

 

扉まわり

扉部分のみならず、壁面にも木目の壁紙が貼られており落ち着きを与える内装だと思いました。

f:id:mappeke:20210317181548j:plain
f:id:mappeke:20210317181611j:plain

 

フロア図

避難経路図です。ベースが市松模様になっているのが洒落ています。館内は長い廊下が一本ズドン!と貫いているだけの大変シンプルなレイアウトです。建物の幅ががそこそこあるので、エレベーターから遠い部屋ですと距離があって少し面倒かもしれません。

f:id:mappeke:20210317181559j:plain

 

クローゼット

扉のないオープンタイプでした。ハンガーの数は、「こんなには必要ないんだけど」と思えるくらい充実しています。でも2人利用だとこれぐらい必要か。

バゲージラックや靴べらなども木製品なので、インテリアとしての統一感があります。

f:id:mappeke:20210317181622j:plain
f:id:mappeke:20210317181634j:plain

 

スリッパは使い捨てではないタイプ。エアコンは三菱電機製の壁面操作タイプ。

f:id:mappeke:20210317181650j:plain
f:id:mappeke:20210317181930j:plain

 

クイーン

 入口側から見たクイーンの様子です。和のテイストが感じられる落ち着いた色調は清潔感もあります。

f:id:mappeke:20210317181700j:plain

 

クイーンを 別角度から。部屋面積は16㎡ですが、それ以上に広く感じました。

f:id:mappeke:20210317181722j:plain
f:id:mappeke:20210317181711j:plain

 

ベッド

シモンズ製 サイズは幅1600mm。

f:id:mappeke:20210317181734j:plain

 

枕は2種類あります。

ヘッドボードにはコンセントがありますがUSBコンセントが無いのは最近のホテルにしては珍しいと思いました。”健都”のホテルだから、寝る時にスマホを見させないようにするためでしょうか?

f:id:mappeke:20210317181746j:plain
f:id:mappeke:20210317181758j:plain

 

ソファ

寝られるほどに長いソファは「こあがりソファ」と名付けられていました。

ちなみにワーキングデスクは無くてサイドテーブルのみです。簡単なパソコン作業ならこれで事足ります。ただしガッツリと部屋で仕事をしなければいけない時は、これでは作業効率が落ちます。

f:id:mappeke:20210317181810j:plain
f:id:mappeke:20210317181821j:plain

 

テレビ                冷蔵庫などがある棚

f:id:mappeke:20210317181831j:plain
f:id:mappeke:20210317181842j:plain

 

多機能テレビ

リアルタイムにコインランドリーとスカイスパの使用状況がわかります。最近このタイプのテレビが増えましたね。

f:id:mappeke:20210317182122j:plain
f:id:mappeke:20210317182110j:plain

 

マグカップ、コップ、ペットボトル入りミネラルウォーター

電気ポット、アイスペール、電話機

f:id:mappeke:20210317181855j:plain
f:id:mappeke:20210317181905j:plain

 

 冷蔵庫は空っぽ

f:id:mappeke:20210317181918j:plain

 

眺望

駅前ホテルだけにトレインビューホテルです。目の前は吹田貨物ターミナルが広がっていました。深夜の時間帯は貨物列車の発着が多いので鉄道ファンのみならず、大変興味深い風景だと思います。一方で興味が無い人には夜通し聞こえる列車の音が気になるかもしれません。

f:id:mappeke:20210317182146j:plain
f:id:mappeke:20210317182157j:plain
 水回り

f:id:mappeke:20210317181940j:plain

 

バスタブ シャワー

大変綺麗なユニットバスです。スカイスパ併設のホテルなので部屋のユニットバス利用者はそれほどいないのかもしれません。ただし私のような風呂嫌いにとっては大浴場まで出向くのが面倒くさく、部屋のお風呂で手っ取り早く済ますのが大切になるので、ベッドスペースの快適さと比べてバスルームの狭さが際立つのが少し残念でした。

f:id:mappeke:20210317182023j:plain
f:id:mappeke:20210317182045j:plain

 

御手洗い 

ウオシュレットのリモコンは便座の前方にあります シンクは使いやすいワンレバー式

f:id:mappeke:20210317181951j:plain
f:id:mappeke:20210317182001j:plain

 

アメニティ

カンデオホテルズのラベルが貼られていたのでオリジナル品でしょうか?中身はシントワールドが製造販売している「オーセンティカオーガニックス」なるものでした。

f:id:mappeke:20210317182012j:plain
f:id:mappeke:20210317182035j:plain

 

快適なホテルだったのでグッスリ寝られました。夜中に聞こえてくる貨物列車の発着する音が多少は気になりましたが、安眠を妨害するような音量ではなく、むしろ個人的には環境音といった感じでした。朝日に輝く岸辺駅、さあ今日も一日頑張ろう。

f:id:mappeke:20210317182209j:plain

 チェックアウト時に見つけた廊下にあるアイスベンダー

f:id:mappeke:20210317182133j:plain

「カンデオホテルズ大阪岸辺」はJR岸辺駅に直結しており、アクセス至便で建物も綺麗で清潔です。ただし郊外に立地するからといって宿泊費が安いかというと、そうでもありません。お値段だけを考えれば競争の激しい大阪市内のホテルのほうが断然お得です。同じ様な値段でランクの高いホテルに泊まれます。よってこのホテルは吹田市周辺に用がある場合のみ利用しようと思いました。

 

 

 

管理人がオススメする大阪のビジネスホテル

mappeke.hatenablog.com

mappeke.hatenablog.com

mappeke.hatenablog.com

mappeke.hatenablog.com